読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオニートで行こう!

ネオニートの生活をあなたもしてみませんか?

アドセンスのクリック単価が急激に下がった!大丈夫なの?→大丈夫です(*^^*)

ネットビジネス

f:id:kkfx8:20170104121637j:plain

12月のアドセンスの収入がかなり良くて

「よ~し、この調子でどんどん稼ぐぞ~!」

と意気揚々していたら、年末から年始にかけて

収入が激減・・・

 

アドセンスのクリック単価が下がって

「おいおい、大丈夫なの?

何かペナルティでも食らうことやっちゃったかな?」

って不安に思っている人もいると思います。

 

結論ですが、「大丈夫ですよ」

毎年のことですから(*^^*)

 

アドセンスのクリック単価が急激に下がった原因は?

アドセンスのパフォーマンスレポートを見たらわかりますが

ページビューとかはそんなに減っていませんよね。

 

つまり広告の表示回数は、そんなに変わらないのです。

 

では何が12月と変わったのか?

答えはクリック単価(CPC)なのです。

 

アドセンスのクリック単価の平均値は

運営しているサイトのジャンルによって違いますが

平均30円程度です。

 

そして、この平均というのは月によって変わるのです。

 

私のブログの場合、12月上旬はCPCは40円前後でした。

ところが、1月上旬ではCPCは20円代にまで落ち込みました。

 

つまりクリック単価が半分程度まで下がったわけですね。

 

クリック単価が半分になるということは

ページビューが変わらなければ収入は半分になります。

 

1月になると多くのアドセンスをしている

アフィリエイターがざわめきます。

 

「お~い、収入が激減したぞ!

このままで大丈夫なのか?」

f:id:kkfx8:20170104125336j:plain

はい、大丈夫です(*^^*)

 

アドセンスのクリック単価が上がるか下がるかは

広告出稿主が増えるか減るかです。

 

アドセンスの広告出稿主はほとんどが企業です。

そして企業は四半期ごとに決算をしています。

 

3月、6月、9月、12月が企業の四半期の決算月です。

 

で、決算月は「広告予算を使い切ってしまおう」と

広告運営者は思います。

 

ですから、これらの月は広告単価が上がります。

 

特に12月はクリスマスやボーナス商戦も絡みますので

企業がどんどん広告を出稿します。

 

一方、1月になると正月休みもありますし

年末商戦も終えたので、企業の広告出稿数は激減します。

 

広告出稿数が減るということは、

需要と供給の関係で広告単価が下がるということです。

 

つまり、1月というのはアドセンスをしているアフィリエイターにとって

どうしても儲からない月なのです。

 

特に12月に比べて1月は広告出稿数が減りますので

アフィリエイターは慌てる人が多いのです。

 

「おいおい、俺のアドセンス大丈夫か?」

 

→「はい、大丈夫ですよ」

 

1月、2月は仕込む時期

目の前のことしか見えてない人は、

アドセンスの報酬が激減したことでモチベーションが下がり

記事の更新頻度は下がります。

 

でもね、この時が「仕込む時期」なんです。

 

ライバルたちがモチベーションが下がって

記事の更新頻度が下がってる時こそ

自分はより更新頻度を上げるのです。

 

そうすれば、ライバルと差をつけることができます。

 

多くの企業は3月が決算です。

ということは、3月のクリック単価は激高なんですよ。

 

で、3月になってがんばろうと思っても

時間が足りないんですよね。

 

大事なことは目先の報酬に一喜一憂せずに

「長期的な視点に立ってビジネスを考えること」です。

 

サッカーでも、上手な人は2手3手先を読んで

「どこにボールが来るか」を計算しているのです。

f:id:kkfx8:20170104124655j:plain

「あいつはいつもおいしいところにいて

目立っているなぁ~」ではなく

計算しておいしいところを探しているのです。

 

逆にヘボサッカーは、目先のボールばっかり追って

右往左往しているのです。

 

長期的視点に立ってビジネスをする

 

これが儲かる秘訣なのです。

 

まとめ

アドセンスの収入は企業の決算月によって決まる

だから年間で計画を立ててコツコツやっていく

 

1月に収入が減っても、3月に上がることは確実なのだから

今のうちに記事を仕込んでいく。

 

同じように、3月良くて4月に減っても

次の6月を考えながらブログを更新する。

 

目先の利益に一喜一憂しないということですね(*^^*)